HOME >  製品 > 実績&事例集

実績&事例集

Big-Ski 施工事例

新設の高速道路の表層
新設の高速道路の表層
施工延長が長く、幅員に余裕があり、基準の中間層がしっかりしているためビッグスキーに適した現場といえます。
新設のバイパス
新設のバイパス
施工幅員が 3.6m と狭い部分ですが、ビーム配置を工夫しての施工となりました。
切削オーバーレイ 一般道
切削オーバーレイ 一般道
切削面の平坦性が不確かなため、ジョイント部にビームを出してセンシングします。
海外の施工事例
海外の施工事例
長い施工区間で基準となる構造物も無く、下層がある程度仕上がっている場合、ビッグスキーは最も適したツールと 言えます。 この現場では平坦性を高めるため 13m のビームに4つのソ ニックスキーを付けています。

接触式コントローラ (G176M,MS) 施工事例

新設の高速道路の表層
新設の高速道路の表層
施工延長が長く、幅員に余裕があり、基準の中間層がしっかりしているためビッグスキーに適した現場といえます。
新設のバイパス
新設のバイパス
施工幅員が 3.6m と狭い部分ですが、ビーム配置を工夫しての施工となりました。
丁張りのセンシング
丁張りのセンシング
φ2 ~ 3mm のナイロンロープにセンシングチューブを乗せてもたわまないように張る。

MOBA-maticII/ ソニックスキープラス 施工事例

MOBA-maticII
MOBA-maticII
切削オーバーレイ国道
左側は切削面を、右側は構造物の狭い平面部を路盤モードでセンシングしている。新型のソニックスキープラスセンサは従 来よりも超音波の発振角度が狭まったのでセンシングエリアが狭い場所でも使用可能。
MOBA-maticII 高速道路のホットジョイントを路盤モードでセンシング

MOBA-Sonic(フローコントローラ) 施工事例

MOBA-Sonic
MOBA-Sonic
スクリード両端の合材抱え込み量を一定に保つよう、コントローラの設置位置と角度を決める。合材量の調整はコントローラのボリュームで行う。

Pave-IR 海外施工事例

Pave-IR Pave-IRデータ取得中の操作ボード

Pave-TM 取付け / 施工事例

Pave-TM 取付け
Pave-TM 取付け
センサ取付け位置
ソニックスキーセンサ(4個)はレベリングアーム部とスクリード後に設置される。マシンに対し横向きに取付けられる。
Pave-TM 取付け
舗装厚
舗装厚 (cm) の表示
幅員、延長、面積、体積の表示
幅員、延長、面積、体積の表示
舗装厚、合材温度、幅員、延長の表示
舗装厚、合材温度、幅員、延長の表示

旧型デジタルコントローラ / 旧型ソニックスキー 施工事例

旧型デジタルコントローラ
旧型デジタルコントローラ
丁張りモード
ソニックスキーは非接触なので、基準は水糸をたわまない程度に張るだけで充分。 左画像は橋梁部の狭い部分に水糸を設置しセンシングしている。
路肩の構造物を利用したセンシング
路肩の構造物を利用したセンシング
路肩の構造物を利用したセンシング例
左画像は構造物の縁(一定の高さのピーク)を丁張りモードでセンシング。 右画像は構造物の平面部分を路盤モードでセンシング。センサが外れないよう位置に注意する。
ジョイントを路盤モードでセンシング
ジョイントを路盤モードでセンシング