HOME >  サポート > トラブルシューティング

トラブルシューティング

旧型のデジタルコントローラ/ MMC-1000

症状

センサを接続して電源を入れるといきなりLEDが点滅する。

原因

前回の終了時に自動モードの状態で電源を切ったため、コントローラ起動時にいきなり制御が働き、セットポイントが前回と異なるため、コントロールウィンド ( 出力カット機能 ) が働いている。

対処

電源投入の直後にLEDが点滅

電源投入の直後にLEDが点滅 ( コントロールウィンドが動いている )

自動から手動に切換える

A/M キーを押して自動から手動に切換える

セットポイントを再設定する

ソニックスキーを30 ~ 40cmに設置し、確定キーを長押してセットポイントを再設定する

AM キーを押して自動に入れる

A/M キーを押して自動に入れる

手動に切換えてから電源を切る

施工終了後は A/M キーを押して手動に切換えてから電源を切る

上記の対処で不具合が解消しない場合は、他の原因が考えられますので、
「ソニックスキー取扱説明書」のトラブルシューティングを参照 して下さい。

MOBA-MaticIIコントローラ

症状

センサを接続して電源を投入してもセンサを正しく認識しない。

原因

MOBA-MaticIIコントローラは、前回の終了時に接続していたセンサをメモリしているので、前回と違うセンサを接続 した場合コントローラ起動時にセンサ選択を行う必要があります。

対処

センサを認識しない

センサを接続しコントローラを起動してもセンサを認識しない

センサ選択画面に入る

F1 キーを押してセンサ選択画面に入る

モードを選択する

上下キーで希望のセンサ/モードを選択する

選択を確定する

確定キーで選択を確定する

通常の作業画面を表示

センサが認識され通常の作業画面を表示

MOBA-MaticIIコントローラは種類の異なるセンサを同時に接続することが可能です。
施工現場の状況に応じて適したセンサをコントローラ上で選択できます。

例)・ソニックスキー(高さ制御)からデジスロープ(傾き制御)に切換える。
 ・3D 制御からソニックスキーに切換える。

コントローラ全般

症状

自動を入れると上下にハンチングする。

対処

  • センサが車体のセンササポートにしっかりと取付けられているか確認する。
  • コントローラの感度の設定値(1 ~ 10)が高い場合は不感帯が狭くなるためハンチングしやすい。推奨設定値(5 ~ 6) に設定する。

上記の対処で不具合が解消しない場合は、他の原因が考えられますので点検・修理に出してください。

接触式コントローラ

症状

自動の反応 ( 上下の出力 ) が鈍い

対処

  • センサが車体のセンササポートにしっかりと取り付けられているか確認する
  • コントローラの感度の設定値(1 ~ 10)が低い場合は不感帯が広くなるため制御が鈍くなる。推奨設定値(4 ~ 6)に設定する。
  • センサ付属品に機械的ガタが無いか確認する。(下記参照)

※上記の対処で不具合が解消しない場合は、他の原因が考えられますので点検・修理に出してください。

通常の作業画面を表示

センシングアーム固定ボルトの締付けを確認

上記の対処で不具合が解消しない場合は、他の原因が考えられますので点検・修理に出してください。

修理品発送前の動作確認


システムを両側で使用していて片側で不具合が発生した場合、不具合を特定するために次の手順を行ってください。
不具合が発生している側のセンサ/ケーブル/コントローラを個別に正常に作動しているシステム側に入れ替えることで、故障の原因と思われる製品を特定することができます。

通常の作業画面を表示